僕らのみらい、
希望と挫折は
いつも半々。

menu

オギーソニック、大見謝くん家へ行く。

posted: 2015.12.20

上毛町に滞在している間、大見謝くんと小林さんのいた「中村邸」に、何度か足を運びました。
その昔、小学校として使われていた中村邸は、2人で住むのにはとてつもなく大きな家で、まして小林さんが1週間の滞在を終えて帰ってしまってからの2週間、大見謝くんただ一人がこの大邸宅に滞在していたかと思うと、どう頑張っても、広さを持て余してしまう訳です。それはもったいない!

というよくわからない理由に託つけて、僕らは何かあるたびに、大見謝くんの滞在する中村邸に遊びに行きました。
オギソニ3-2

ミラノシカで仕事をした後、ご飯を食べて温泉に浸かって、そのまま大見謝くん家に直行。炬燵でぬくぬくと暖を取りながら、それぞれまた仕事をしたりテレビを見ながら過ごしたり。
ogisoni3-3
福岡の柳川から友人が遊びに来た際にも、近くに住むおばあちゃんの畑から頂いた春菊やネギ、白菜などで作った鍋を皆で囲みました。そのときに頂いた椎茸がとても立派で、じっくり焼いてかぼすを絞って醤油をかけて食べるのが格別でした。若岡さんは、醤油にとろけるチーズの組み合わせが絶対ベストだと言い張っていました。
おぎそに3-4
ちなみにこの中村邸の2階では、改装工事が行われていて、僕らがお世話になっていた「小木戸邸」の小木戸さんを筆頭に、中村邸の大家さんである物申さんや、木工作家の平岡さんも一緒に作業していました。
裏庭に置いてある木材を3人で囲んで、何やら相談なんかも。
オギソニ3-5
なんでも、この2階をカフェにする構想もあるとか。運営者を絶賛募集中のようですよ。
カフェが実現できるかどうかは未知数ですが、また訪れるのが楽しみです。
オギソニ3-5