僕らのみらい、
希望と挫折は
いつも半々。

menu

8人の訪問研究員

posted: 2014.03.07

古民家をリノベーションし、ラボを作るのは8人の若者たち。
普段は、建築やまちづくりを学んでいます。
出身地も大学もバラバラな彼らがチームをつくり、古民家活用という「研究」に挑むわけです。

 

設計士や地域サポーターの指導を受けながら、
学生自身が、設計から施工までを一貫して行う実践型建築教育プログラム”Design Build FUKUOKA”※
全国でも珍しい教育のシカケです。

 

メンバーの初顔合わせでは、近所の棚田を散歩しました。
標高240m。ここは瀬戸内海を見下ろす谷の奥にあります。
溜め息がもれるほどの景色。
この風景を、建築の中にどう取り込めるかが、リノベーションの鍵となるかもしれません。

 

 

古民家

 

※詳細
【古民家リノベーションの実践型教育プログラムに参加しませんか?
〜設計から施工までを行うアメリカ発の建築教育〜  】
http://www.realfukuokaestate.jp/column/2013/10/post-23.html