僕らのみらい、
希望と挫折は
いつも半々。

menu

雁股庵の氏神さま

posted: 2014.05.04

ワーキングステイ滞在先のひとつ、大入地区「雁股庵」の集落には大入貴船神社があります。

もみじが日毎に色づいていく季節、ワーキングステイ滞在者は、ゴミ出しのついでなどに、紅葉していくもみじを眺め、氏神さまにお参りをします。

2012年10月、集落の7家族が管理する大入貴船神社では60年ぶりに神楽が奉納されました、ちょうどワーキングステイ中だった村上さんとそのご一家はその準備のお手伝いをしています。

 

DSC_1428

 

掃除をし、台風で飛ばされた部分を修復し、木材に保護材を塗り、神楽の準備をしました。

この神社はそうやって守り続けられてきたのです。

代々受け継がれるものは、形あるものだけではないのかもしれません。

参考:『上毛町ワーキングステイ22日目。石井ラストナイト、副町長さんが「人が訪れる町にする」と言い切る。三谷晶子の日々軽率。

こうげの休日Piton ink.