ログ

KOUGEデザインビルド

住み継いできた家を、ラボ(研究所)にする

Date:2014.01.26
現状を図面におこしてみましょう。 畳の部屋が4つ、漢字の「田」の形に並んでいます。これは田作りといって、昔ながらの家の作り方。   畳部屋の奥には、浴室とボットン便所があります。 これは増築されたもので、昔は火や湿気を嫌って、お風呂や便所は離れにあったそうです。 燃料が薪から灯油に代わり、屋内に移されるようになったのは40年程前。   さらに、入口から広がる広い土間も、洋室になっています。 若夫婦が一緒に暮らすために、行われた改装かもし […]
KOUGEデザインビルド

空き家の片付けTips

Date:2014.01.25
空き家となった古民家を、「ラボ」にリノベーションしていきます。 まずは手始めに、家の中を空っぽにしましょう。 布団、衣類、食器、そして仏壇。暮らしていた当時のままの家財が残っています。 おばあちゃんの一人暮らしだったとは思えない量です。3日間かけて、軽トラック6台分の荷物を処分しました。 人口8,000人弱の上毛町(こうげまち)には、約250軒の空き家があると言われています。 その多くは、荷物が残された状態で、賃貸借もままなりません。 自分で片付けさえでき […]
KOUGEデザインビルド

プロジェクトは始まっています

Date:2013.12.27
いくつかのシカケはすでに始まっています。 九州は福岡県最東端にある「上毛町(こうげまち)」の、「いまのシカケ」を少しだけ、先にお届けしようと思います。
みらいのシカケ

はじまりの、はじまり。ティザーサイトオープン。

Date:2013.12.04
たくさんのプロジェクトを「シカケ」に例え、理想の未来を作るための試みが始まりました。 名前を「みらいのシカケ 〜こうげの田舎のつくり方〜」といいます。 たくさんのシカケを紹介できるのは、2014年3月の予定です。 とはいえ、すでにいくつかのシカケはすでに始まっています。 九州は福岡県最東端にある「上毛町(こうげまち)」の、「いまのシカケ」を少しだけ、先にお届けしようと思います。
山野草の図鑑

オタカラは足元に繁っていた

Date:2013.04.11
人の営みと伝統文化が息づくこの里山を歩いてみると、足元には実に多彩な野草が息づいていることに気づかされます。 ユキノシタ、イノコヅチ、ハコベ、オオバコ、ノビル、ヨモギ、ドクダミ、イタドリ、スベリヒユ等々。 上毛町の里山は野草の宝庫であり、古くから四季折々の野草が食として、 あるいは、薬として用いられ、多様な生態系を育んできました。 近年、野草はその薬効に対する様々な活用法が期待されています。 特に、特産品の開発や体験型観光の素材として、様々な角度からその可 […]
5 / 6««...23456