世界の極地ランナー再び

2月に続き、世界の極地ランナー樺澤秀近さんと一緒に上毛町を走ります。
日程は12月16、17日の2日間です。
初日は樺澤さんの極地トーク。今年3月に樺澤さんは北極圏のレースに出場し、560kmにわたって-20℃以下の氷原を走り抜きました。
途方もない長い道のりの途中で、疲労やケガで調子を崩したり、アクシデントに見舞われたり。
さまざまな浮き沈みを経験します。さながら人生のようです。

極地ランナーの樺澤さん

アクシデントに遭遇したときに沈んだままなのか、あるいは浮上できるのか。
その結果を分かつのは案外ちょっとした気の持ちよう。
北極圏を踏破した樺澤さんの話には、沈んだときに自分をコントロールするヒントが隠れているかもしれません。
ランナーはもとより、日々の生活にもきっと生きるヒントです。

2日目は上毛町の山々をフィールドにトレイルを走ります。
樺澤さんの出場してきたレーススタイルに従い、荷物を担いでのランニングを予定しています。
重さはとくに指定しません。体力に不安のある方は背負わなくともOKです!

初日は無料、2日目は1,000円です。
宿泊先をご紹介できますので、希望される方は申込みの際にお尋ねください。

■時間割り
初日 : 16日(土)13:00〜16:50 樺澤さんの秘境レース体験談や装備品の紹介など
2日目:17日(日)9:00〜14:00  樺澤さんと上毛町の里山を走ります
■場 所 田舎暮らし研究交流サロン(福岡県築上郡上毛町東上1178)ほか現地
■対象者 善男善女、特にトレイルランや秘境を走ることに興味のある方
■定 員 20名(先着順)
■参加費 16日は無料、17日は1,000円(保険込み)
■申込方法
電話、メールにてお申込みください。
電話:0979-72-1556、メール:info@miranoshika.org

北極圏の氷原で、そりを引いて完走を目指します(以上写真提供:樺澤秀近さん)。

written in 2017.10.26 by 若岡拓也