シカケ概要

設計から施工までを行うアメリカ発の建築教育

学生さんがアメリカ発の実践型建築教育プログラムDesignBuildFUKUOKAで、築100年の古民家をリノベーション。 町のコワーキングスペース兼交流スペースとなる「移住のシンボル」を作ってもらいたい! これは、学生さんにとって、実際に試行錯誤して手を動かしながら、チームで協力し、設計から施工までを行う得難い経験です。 空き家となって9年。雨漏りもある藁葺き屋根の古民家。 予算もスケジュールも限られた中、学生さんたちがどうやって古民家らしい味わいを残しながら、 使い勝手の良い「移住のシンボル」を作ってくれるのか注目です。


参加メンバー


ログ

シロウト施工のためのシロウト設計

Date:2014.03.08
まずは自由に発想してみるところから、設計は始まります。 建物の外壁を全部ガラス張りにする? 八畳サイズの巨大なテーブルを作る?   奇想天外なアイデアは面白いけれど、本当に自分たちの手で作れるのでしょうか。 今回のプログラムは、設計から施工までを自分の手で行うというものです。 シロウトが施工をする場合、プロの職人さんのような技や精度は期待できません。 予算だって時間だって、限られています。 「プロと同じ土俵で戦わず、多少ズレがあってもカッコいい! […]

8人の訪問研究員

Date:2014.03.07
古民家をリノベーションし、ラボを作るのは8人の若者たち。 普段は、建築やまちづくりを学んでいます。 出身地も大学もバラバラな彼らがチームをつくり、古民家活用という「研究」に挑むわけです。   設計士や地域サポーターの指導を受けながら、 学生自身が、設計から施工までを一貫して行う実践型建築教育プログラム”Design Build FUKUOKA”※ 全国でも珍しい教育のシカケです。   メンバーの初顔合わせでは、近 […]

田舎プロトタイピング

Date:2014.03.06
ご飯を囲むとき、アイディアは生まれる。 そして、すぐに手を動かしてつくってみる。 こんな楽しいことはない。   お隣のおばあちゃんからもらった、とれたての野菜。 椎茸は、裏の林中から。 魚は、お隣の中津市の名物、ハモを。 玄関先のかぼすを絞って「生ポン酢」を添えてみる。   美味しいご飯を囲むと自然と、ワクワクするようなアイディアが生まれてくる。 ちょっと変わった人たちが、全国から集まり、ともにご飯を食べ、 ちょっと変わった企みを、夜な […]