欲しいミライを、
まずは描いてみる

menu

ジャングルから来た新入り2

posted: 2015.07.16

ジャングルへ渡り、「Jungle Marathon」というアドベンチャーレースに出場して1週間を過ごしました。
未知なる密林のレースはスケールが違いました。スタート時刻が深夜で、まず幅200mの川を泳いで渡る。開始10分でハチに襲われてランナーが倒れる。入浴はアマゾンで。ポケットに常時、忍ばせたるは抗マラリア薬と鎮痛剤。書いてみると、荒唐無稽な大会です。

そんな大会の行われたジャングルと上毛町の相似点を挙げますと、
ジャングルを素足で歩き、足元をタランチュラが歩いていても無関心。密林の中でもスクーターを乗り回す現地人。
対する上毛町では、どんど焼きのために、住民が重機を駆使してやぐらを組み上げる。シカやイノシシが路上を闊歩していても一切気に留めない。
都市部の人間から見ると、いずれも非日常です。が、当人たちにとっては、変わりのない日常です。すごさに気付いていません。どちらも非日常が日常になっていく、そんな体験ができる場所なのです。